初心者のためのヅカ入門はこちら

【宝塚歌劇】北翔海莉×紅ゆずる、そして…【桜華に舞え/ロマンス】

星組公演
スポンサーリンク

星組公演『桜華に舞え』『ロマンス!!(Romance)』を観劇してきました!

先日のブログでも書いた通り、宝塚人生初の同一演目複数回のMy千秋楽でございます。

 

これまでは、演目全体を観ておりましたが、二回目となりますとより細部まで観られますね!….素敵な公演でした。

今日は”男性見てね!”っていうお話と”タイトル”の2点から綴りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性こそ観るべき宝塚歌劇演目です!! by ヅカ男子

“by ヅカ男子”、とは言いつつ、自分の所感です(笑)

宝塚歌劇といえば、演目ではかっこいいスターさんがいて、娘役さんにキザな愛の言葉を届けたり情熱的な熱い引き寄せからのキス

そしてショーでは、観客へ目を配ってウインクしたり、女性ファンを虜にするものがありつつ、男性からしたらちょっと恥ずかしいような…みたいなものがあるんですよね(とはいいつつ自分は宝塚の世界にハマっておりますが笑)

 

そんな中、今回の公演は改めて男性こそ観るべき演目だと感じました。

“幕末~明治維新”という時代設定だけで男子が熱くなる(勝手な思い込み)、登場人物熱すぎるんよね!みんな。

己の信念を持って、正直どの立場の人の心も分かるんですよ。信念と持った男たちの話って、やはり心に来るんですよね。

 

北翔海莉さん演じる桐野利秋(中村半次郎)

正直で、義を通すそんな人柄が北翔桐野からは醸し出されているんですよね。

田舎から尊敬する師”西郷隆盛”と共に上京し国に尽くすが….西郷が裏切られて下野が決まると、自らの運命も西郷と共にと覚悟を決める。親友と対峙することがわかっても、戦争に負けることがわかっても、“薩摩の魂”を貫くその様は心震わせます。

桐野は最後には命果てますが、悲しいエンドではなく、己の信念を貫き通した”最後のサムライ”としての清々しい、心地よさすら感じさせます。

こんな熱い男の物語はやっぱり男子にこそ観て、感じてほしい….!!

 

紅ゆずるさん演じる衣波隼太郎

後半部分では故郷の薩摩の地に足を踏み入れたものの…”裏切り者”として家族や友人から拒絶されてしまうという….いや、故郷の人たちの気持ちも分かるのよ!!

でも、田舎の貧乏人から、”国に尽くす”という大義があるんですよ、一生懸命東京でも頑張ってるんですよ!!

薩摩とは対峙するけれども、半次郎とはずっと心からの友なんですよ…その気持ちは、昔から変わらないんです。だからこそ、最後の半次郎への撃ち方を止め、そして抱きしめながら声をかけるシーンは涙が止まらないわけです。

 

礼真琴さん演じる会津藩士:八木永輝

“美しい”人物でした。会津藩を愛し続け、明治維新後なお浪士としてい続け、会津の敵である中村半次郎の恨みを晴らすためには、一時の魂など捨て陸軍入隊してまでそれを遂行する…

冷徹でダークな感じのその気持ちと行動は、会津への想いの強さの反面なんですよね。彼もまた桐野と同様に美しい散り様でした。

 

もう皆熱い、熱すぎるよ….(号泣)

スポンサーリンク

北翔海莉×紅ゆずる、そして…

ご存じのとおり、本公演は北翔海莉さん、妃海風さんトップコンビの退団公演。寂しい想いもありつつ、そうして後進達によって宝塚の未来が紡がれていく…宝塚の良き点でもあります。

 

桜華に舞え、そしてロマンスの方でも次世代へのバトンを感じました。

桜華に舞えでは、半次郎が死ぬとき、次を託すのは紅さん演じる隼太郎であると。隼太郎は最後のサムライの想いを背負っていかないといけないわけです。まさしく、宝塚人生を全うした北翔海莉さんから、次期トップ紅ゆずるさんに託す、そんな瞬間にかぶります。

 

そして、ロマンス「GO!」なんて卑怯な演出すぎますよ(号泣)

北翔さんの想い、パフォーマンス…もうこれ以上ない、至福の時でした。そして、間近でみる紅さん、星組の今後をしっかりと引き継いでくれることを信じて…..

 

さてさて、北翔海莉×紅ゆずる…柚希礼音さん退団後、大方の予想に反したトップ人事でした。

当時は様々な意見があったことを覚えていますが、これは良かったことではないかな、と感じました。紅ゆずるさんお歌が安定して、お上手になったと思う。

北翔さんの背中を見て、努力をなされたんだな…と。北翔さんの上品な歌声や、ダンス、お芝居を宝塚で見られなくなるのは寂しいですが、その背中を観た後輩が後を継ぐ…やはり、その世界は美しささえありますよね。

 

これは宙組のエリザベートを観劇した際真風涼帆さんの時も感じました。

柚希礼音さんが率いた星組でそれぞれ育ったスターさん、そこに新たな刺激・学びがあって、さらに円熟した舞台人に…

“北翔海莉×紅ゆずる、そして真風涼帆”ここに宝塚の美しさ、素晴らしさを垣間見ました。

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
星組公演
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント