初心者のためのヅカ入門はこちら

【東京宝塚劇場】宙組公演『VIVA! FESTA!』感想 ー宙組生の熱い”祭り”と感動のデュエットー

宙組公演
スポンサーリンク

先日より観劇感想を綴り続けている宙組の東京宝塚劇場公演ですが、今回はショーの『VIVA! FESTA!』の感想を綴りたいと思います!

 

トップ娘役である“みりおん”こと”実咲凛音”退団公演….「とうとうこのショーで最後なのか…」と幕間で感傷に浸っておりました。

実咲凛音さんといえば、美しい佇まいながらも笑顔がとてもかわいらしいイメージですね。

そして歌唱力も定評…歌もお上手で、演技も併せた表現力では本当に安定感のある素敵なジェンヌさんでした。

娘役さんといえば、かわいいかわいいしている方が多い中、芯の強い女性像が似合う感じなのかな…今回の『王妃の館』も働く女性ということでピッタリでした。

 

そんな思いを馳せながらの『VIVA! FESTA!』

“祭り”がテーマなだけあってワクワクするショーでありながらも、最後は……早速感想を綴りたいと思います!

【東京宝塚劇場】宙組公演『王妃の館』感想 -キャスト編-
先日早速観劇した宙組公演『王妃の館』でですが、前回に引き続いて今回は熱演のキャスト陣に焦点をじぼって感想を! 前回のストーリーについての記事でも触れましたが、"ミュージカル・コメディ"ということで癖のある濃いキャラクターの...
【ネタバレあり】宙組公演『王妃の館』感想 -ストーリー編-【あらすじは?】
みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。 先日、とうとう東京宝塚劇場でも上演となりました宙組公演『王妃の館/VIVA! FESTA!』 私も早速、早速観劇して参りました。 麗しきトップ娘役"みりおん"...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『VIVA! FESTA!』作品のテーマは”祭り”

祈り、感謝、願いなど、生きる為に大切な想いが集約され、人々が非日常の世界に集うFESTA(祭り)。リオのカーニバル、中欧・北欧に伝わるヴァルプルギスの夜、スペインの牛追い祭りや日本のYOSAKOIソーラン祭りなど、世界各地のFESTAをテーマにしたスーパー・レビュー。宙組のパワー漲る数々の場面をお届け致します。朝夏まなとを中心とした宙組のFESTAに、ようこそ!

全編を通して、熱くなるような盛り上がるショーでした!

 

メインのテーマでは、

びーばびばびば フェスタ―!!

ふぇすたー!!(心の声)

 

 

びーばびばびば フェスタ―!!

ふぇすたー!!!!!(心の声)

 

口ずさみたくなるような主題歌です(笑)

「超カッコいい!!」なんて感じではないのですが、お客さんにも分かりやすく楽しめるの良いですよね!

 

そして、プロローグの客席降りでは二回席にも生徒さんが!!

当日券でしたので、最後列…そんな自分でも近くで見られるなんて本当想い出になるんですよねぇ….

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

牛追い祭りとか本当に舞台で再現してしまうのね(笑)

闘牛士 VS 牛

ですよ。

 

特にまぁ様闘牛士りくくん牛との戦いは見物!

『王妃の館』のクレヨンももそうですが、今回の公演は蒼羽りくさんの美味しさが半端ないですね。

まぁ様の衣装のかっこよさは男性心をくすぐります!

さてさて、今回真っ先に目を奪われたのは…

 

 

プロローグでの黒い羽根を背負ったまぁ様

 

 

Twitterで書いてもそこまで通じなかったかとは思うのですが…

 

ガンダムデスサイズヘル

みたいなかっこよさなんですよ!!!!

 

もうね、男子心ワクワクすぎますよ!!

あんな攻撃的な羽根を背負ったまぁ様…カッコいいに決まってますやんか!!

 

ソーラン節!?!?!?

最初”YOSAKOIソーラン祭り”の文字を見てびっくりしましたよ。

まさかあのソーラン節!?!?!?!?!?

 

 

………………

 

 

 

小学生の時に踊っていたソーラン節だわ(驚愕)

運動会か何かで踊っていた人多いですよね??

 

 

ソーラン節….宙組生楽しそうでした(笑)

そして、かっこいいわ….

 

どっこい―しょーどっこい―しょ

(どっこい―しょーどっこい―しょ)

ソーラン 宙組!!

 

まぁ様の渋いような発声で震える心。

 

宝塚のショーですと有名楽曲が使われることが多々ありますが、ソーラン節ほど日本の文化で盛り上がりみんなが知っているようなものをテーマとなるのはそうそうないのではないでしょうか。

そして、ソーラン節はみんなが知っているからこそ、客席もみんなで盛り上がれるものですよね。

 

(宙組ソーラン節が学校の教材だったらソーラン節もっとまじめにやってたかも…)

真風涼帆さんの安定感に涙

お歌安定しましたよねぇ….

『王妃の館』の感想でも書きましたが、ゆりかさんの成長に本当にうれしく、ほんのり涙を浮かべてしまいます。

 

歌唱力の安定感、舞台でのオーラ…初めて宝塚を観た日(星組『ナポレオン』)の”真風涼帆”よりも、進化したんだなぁって。

 

お母さん目線ではないけれども、ちょっとそういう目線で見てしまいます(笑)

感動のデュエット

一番のポイントはここですね。

 

 

朝夏まなと×実咲凛音 ラストデュエダン

その瞬間、すべての視線・想いが舞台に向かい、まるでこちらの空気が止まったかのようでした。

 

切なさを感じます。

でも…美しい。

 

そして、みりおんから醸し出される幸せそうな雰囲気。

 

切なくて…美しくて…でも最後だけど、幸せそうなみりおん。

まぁ様と二人だけの舞台を観ているとそんな感情が。

デュエットが終わって盛大な拍手…ようやく時が動き出して、止まらない涙…自分だけでなく客席の多くのお客さんも同じく…

 

 

『VIVA! FESTA!』と祭りでどれだけワクワク・楽しんでも、”実咲凛音のラスト”という事実は変わりません…

 

最後にみりおんの美しいお姿…まぁ様との最後の美しい二人….

自分も悲しくも幸せなショーでした。

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宙組公演
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました