【これで安心】初心者のための宝塚歌劇 >

【宝塚歌劇】『ポーの一族』が花組により舞台化決定!

2017年6月突入...スカピンと幕末太陽傳を堪能する公演情報
スポンサーリンク

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

宝塚歌劇公式より、2018年の公演ラインアップが発表されました…!!

 

宝塚大劇場・東京宝塚劇場

宝塚歌劇花組公演『ポーの一族』

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少女漫画の傑作!?『ポーの一族』

1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来、少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた、漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場する。
永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”。その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。

宝塚歌劇公式HPより引用

私、この『ポーの一族』という作品…今回初めて聞きました。

(1972年という生まれる前の作品、しかも少女コミックということで今まで本作品に出逢うことがなかったのは仕方ないのかもしれませんが…)

 

ということで、さっそくWikipediaへ!!(笑)

 

….

 

 

….

 

とりあえず分かったこと。

  • エドガー(主人公)は吸血鬼
  • エドガーは美少年
  • メリーベルという妹がいる
  • 100年という時を過ごすという切ない系??

ということでしょうか…??

 

おそらく、主人公である“エドガー”は、花組トップスター”明日海りお”さんであることは間違いないでしょう。

トップ娘役の”仙名彩世”さんは果たしてどの役所になるでしょうか..??

宝塚歌劇なので恋愛要素があると考えると、メリーベルではない…??

 

 

少し分からないところが多すぎるので、公演までに原作を読んでみたいと思います!

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公演情報
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました