初心者のためのヅカ入門はこちら

【東京宝塚劇場】雪組公演『Dramatic “S”!』はまさしくドラマチックでした【感想】

【東京宝塚劇場】雪組公演『Dramatic “S”!』はまさしくドラマチックでした【感想】雪組公演
スポンサーリンク

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

前回の感想記事…雪組公演『幕末太陽傳』からちょっと時間が空いてしまいました。

ちょっと忙しい時間が多くとも、礼真琴さんのスチール写真で癒されておりました。

 

 

宝塚は尊い

 

 

さて、今回のブログ内容はタイトルの通り、今回の雪組公演のショーである『Dramatic “S”!』の感想です。

 

本作で退団することが決まっているトップスター早霧せいなさんのイニシャルの“S”がタイトルにとられている…観劇前から色々なことを考えてしまう作品です。

【宝塚歌劇】雪組公演『幕末太陽傳』日本物×コメディは早霧せいなのためのものだった【感想】
雪組トップスターである早霧せいなさんとトップ娘役である咲妃みゆさんの退団公演である『幕末太陽傳』の感想をお届けします!雪組らしい日本物に加えて、ちぎさんのコミカルさが合わさった作品です。
【東京宝塚劇場】 雪組公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』当日券情報【参考】
みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。 東京宝塚劇場にて、 雪組公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』を観劇してきました! 安定の友の会抽選が外れているため、当日券.... ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サヨナラ感満載の『Dramatic “S”!』

先述した通り、今回退団となる雪組トップスター“早霧せいな”さんのイニシャルである“S”がショーのタイトルに…。

 

“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」。ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届け致します。

引用:宝塚歌劇公式HPより

集大成となるような内容且つ、華々しいものになるものになると観劇前には感じておりました。

 

そのファーストインプレッションは間違いじゃありませんでした。

 

まず、プロローグから心奪われます…

大人なかっこよさ…黒を基調としたお衣裳

そこで繰り広げられるちぎさんを中心としたダンス。

 

そして、同じく退団となる…早霧せいなに付き添ったトップ娘役である咲妃みゆによる歌。

歌詞が卑怯なんですよ。

 

「私の愛した人のイニシャルはS」と….

もうね、涙ぐんでしまいます。

 

次期トップとなる望海風斗さんの安定のお歌をはじめ、ジェンヌさんそれぞれが輝いていました。

 

でも…やはりアグレッシブで華やかなダンス調の本ショーは、ちぎさんが最も輝いててまばゆいものでした。

最期だけれども、その悲しさを感じさせない…かっこよくありつつもユーモアたっぷり溢れるちぎさんの魅力が存分に出ていたのではないでしょうか。

 

やっぱりデュエダンって…(涙)

デュエダンっていいですよね。

各トップコンビの特徴が出て、ほほえましくもあり心に突き刺さるようでもあり…。

 

そして退団のデュエダンはそうしても色々なことを考えてしまいます。

 

ちぎみゆもそうです。

見つめ合う二人。

抱き寄せあう二人。

 

その姿は美しいものでした。

 

これまでのすべてが凝縮されていることを考えること、心にグッときてしまいます。

 

 

 

実は上演中、何だか色々な感情がこみあげてきていました。

 

先日感想を書いたお芝居の方も面白く、今回のショーも美しい…。

また観に行きたいです。

その時は込み上げてくる感情を抑え、より深く観ていきたいな、なんて思っています。

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雪組公演
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました