初心者のためのヅカ入門はこちら

【宝塚歌劇】雪組公演『幕末太陽傳』日本物×コメディは早霧せいなのためのものだった【感想】

【東京宝塚劇場】雪組公演『Dramatic “S”!』はまさしくドラマチックでした【感想】雪組公演
スポンサーリンク

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

先日、早速観劇をしてきた東京宝塚劇場、雪組公演『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』

【東京宝塚劇場】 雪組公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』当日券情報【参考】
みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。 東京宝塚劇場にて、 雪組公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』を観劇してきました! 安定の友の会抽選が外れているため、当日券.... ...

 

雪組トップコンビである”ちぎみゆ”こと、トップスター”早霧せいな”トップ娘役”咲妃みゆ”の退団公演…

ラストの公演は、お芝居とショーの二本立て!

そしてお芝居は、雪組の最後に相応しく日本物。

 

今回は、お芝居であるミュージカル・コメディ『幕末太陽傳』の感想から綴りたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原作は1957年に封切られたコメディ映画

この『幕末太陽傳』の原作は、1957年に公開された川島雄三監督の同名の映画です。

今年で、ちょうど60年…時代を感じます。

そしてそれが現代に舞台で甦るというのも。なんだか時代と伝統を継いでいく宝塚歌劇団と被るような…。

 

さて、肝心のあらすじ。

幕末の品川宿。一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は、翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう。そして番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた。相模屋で攘夷の計画を練る高杉晋作らとも交友を深め、いつしか佐平次は、廓の人気者となるのだが…。生への活力が漲る中に憂いを漂わせる人情喜劇に、早霧せいなを中心とした雪組が挑みます。

引用:宝塚歌劇公式HPより

原作は落語をモチーフにしていることもあって話が分かるか不安でした。

 

が、原作を全く見たことのない自分でも問題ない内容でした。

ちぎさんが演じる居残り佐平次を中心とした軽妙なコメディ劇。

 

様々に降りかかる出来事を、軽快に解決していくそんな内容なので、楽しく…クスッと笑える場面の連続といった内容です。

 

日本物×コメディという早霧せいなのためのジャンル

この『幕末太陽傳』に冠するのは『ミュージカル・コメディ』

 

観劇前は、「ビジュアルの日本の感じ+コメディなんて大丈夫なのかな」…なんて思っていたのですが、そんな心配は杞憂なものでした。

 

ケイレブハントの感想を書いたときに触れたかもしれませんが、ちぎさんって現代的なかっこよさが半端ないですよね。

今回演じているのは、ポップな役柄。

剽軽で、ノリと頭の良さで舞台となる「相模屋」に関わる人々の気持ちを掴むようなキャラクター。

しかし、そんなお調子者のようなキャラクターの中にも、カッコよさを感じられるのはさすがはトップスター。

というよりも、ちぎさんにだからこそ扱いこなせるキャラクター。

 

そして何よりも”コメディ”の内容をしっかりと舞台で表現し、観客を笑わせるのはさすがです。

雪組トップスターになった後だと、『ルパン三世』『緋村剣心』と本当に、こういうキャラクターが上手いな、と。

 

 

このような作品であることで、退団公演とはいうものの明るいお別れです。

 

しかし、「ただ明るくて面白い」だけじゃない…“早霧せいな”というトップスター像の魅力を存分に表現する、そんな公演です。

 

ショーの感想なども時間を見つけて綴りたいと思います。

ちなみに…今は予定はないのですが、機会があればまた観に行きたいレベル(笑)

【東京宝塚劇場】雪組公演『Dramatic “S”!』はまさしくドラマチックでした【感想】
みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。 前回の感想記事...雪組公演『幕末太陽傳』からちょっと時間が空いてしまいました。 ちょっと忙しい時間が多くとも、礼真琴さんのスチール写真で癒されておりました。 ...

 

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雪組公演
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました