初心者のためのヅカ入門はこちら

【宝塚歌劇】男性だってハマるのです、宝塚

宝塚コラム
スポンサーリンク

演者はすべて女性、ファンも女性が占めるエンターテインメント”宝塚歌劇

まさしく女性の園ですね。その女性の園に、私は一人宝塚観劇を楽しんでおります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なんで宝塚にハマったの??

始まりは2014年…宝塚歌劇は100周年を迎えた年だったんですね。ってこともあり、各種メディアへの露出がかなり高まってました。

そんな中、某バラエティ番組に星組スターの方々が出演されていたのです…そうこれが運命の出会いでした…

当時の星組スター…中でもトップコンビは、

男役トップスター”柚希礼音”、トップ娘役”夢咲ねね” だったんですね。※柚希礼音さんはお茶会にも参加させてもらいました!

 

一 目 惚 れ

 

はい、一目惚れです。「これは生で観に行かねば」と、思ったら即行動の性なのですぐさま、プレイガイドでチケットを探しまして、運よく”星組公演 『眠らない男・ナポレオン —愛と栄光の涯(はて)に—』“の平日B席が残っていたので、即買い!

画面を通じた一目惚れが、生観劇により恋に変わりました(笑)

 

男の人もファンっているの??

タイトルの話に突入です。

結論から申すと、”最近増えてきた印象”がありますね。

2014年1月に初観劇してから、2年と少しが経ちましたが、当時より今のほうが男性の割合が多いと思います(2年半のファンがこう言うのだから、かねてからのヅカファンはより強く感じているのでしょうか…)

 

宝塚=女性のエンターテインメント

というイメージがあるからこそ、男性が行きにくいっていう側面があるかと思います。

といいますのもファンクラブ(スター毎に組織される私設ファンクラブ)などに代表される独特な文化・環境が、テレビ番組などで強調されて特集とか組まれるので、それは敷居が高くなりますよね(笑)

 

ただ、それを超えていくと舞台、ショー….宝塚歌劇の皆さんは音楽学校で2年間みっちえい学んでいるので、エンターテインメントとしてかなりレベルが高いものになっております。

宝塚歌劇を取り囲む文化が独特なものなだけで、いざ男性が行くとハマる人も多いのでは、と思います。

 

初めて宝塚観劇をしたときは、”席に男一人、周りみんな女性”に戦々恐々としておりましたが、今や宝塚劇場、加えて有楽町・銀座は自らのホームかのように慣れました!

 

今後は”宝塚歌劇にハマるポイント””宝塚歌劇の感想””そもそも宝塚歌劇とは?”みたいな記事を更新ですかね?

今後とも宜しくお願い致します。

宝塚コラム
宝塚歌劇に関するコラムです。ただの情報だけでない、宝塚歌劇ブログを運営しているヅカ男子の目線でコラムを綴ります!
読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宝塚コラム
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント