初心者のためのヅカ入門はこちら

【宝塚歌劇】魅力満載のライブビューイング|チケットの取り方やメリットとデメリットを解説!

宝塚歌劇のライブビューイングについてのサムネイル宝塚コラム
スポンサーリンク
ゆーさと
ゆーさと

ライブビューイングについて解説

近年、宝塚ファンの中でも注目が集まっているライブビューイング
全国各地の映画館で千秋楽公演をリアルタイムで鑑賞できることから、人気を博しています。

今回は、宝塚歌劇のライブビューイングについて、

・ライブビューイングの魅力
・ライブビューイングのメリット
・ライブビューイングのデメリット
・チケットの取り方

を解説してします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝塚歌劇のライブビューイングって
?

ライブビューイングは、スポーツやコンサート等の映像をリアルタイムで映画館などで上映するイベントです。

 

宝塚歌劇でも一部演目において、上演を映画館でライブビューイングをしています。

基本的には、公演チケットの入手が非常に困難な東京宝塚劇場の千秋楽公演を全国各地の映画館でライブ中継しています。
劇場に行けなくとも、リアルタイムで鑑賞できることから人気の観劇スタイルです。

 

国内での上映はもちろんのこと、最近では香港や台湾の映画館でも千秋楽公演のライブビューイングを実施しています。
台湾公演を経てアジアでも宝塚歌劇の人気が高まっている今、ライブビューイングは海外在住のファンからもとても喜ばれています。

 

ライブビューイングのメリット

TOHO日比谷でのライブビューイング

「生舞台の迫力を観たいのに、ライブビューイングって楽しいの…?」
なんてことを感じるかもしれませんが、ライブビューイングならではのメリットもあります!

 

大型画面で迫力満載の観劇

大型スクリーンいっぱいに舞台の様子が映し出されるその迫力とダイナミックな音響は、映画館ならではの醍醐味と言えるでしょう。

実際に劇場で公演を見るとなると、S席の後ろ側やA席・B席となると舞台上は遠く、また生徒さんの表情をしっかりと見るにはオペラグラスが必須です。

しかし、ライブビューイングでは映画館のスクリーンいっぱいに映し出されるので、どこの席でも特等席!

 

チケットを取れる確率が高い

宝塚ファンの間で千秋楽公演のチケットは非常に人気が高く、観劇することが困難であることで知られています。
特にトップスターの退団公演は大人気で、サヨナラショーが併せて上演される千秋楽公演のチケット入手は至難の技と言えます。

ライブビューイングであれば、競争率が高過ぎてチケットを入手できなかった千秋楽公演の様子を、
映画館からリアルタイムで観ることができます。

全国各地の映画館でライブ中継をしているので、職場の近く、はたまた家の近くなど、自分の都合に合わせて映画館を選べるところも魅力の一つです。

 

千秋楽挨拶やサヨナラショーも観られる

先述の通り、千秋楽の模様が上映される宝塚歌劇のライブビューイング。

宝塚歌劇の千秋楽では舞台上演後、幕が上がり組長さんやトップスターの方の挨拶があります。
ライブビューイングではもちろんこの模様も配信!

また、トップスターの退団公演における感動的なサヨナラショーや退団挨拶も、大型スクリーンにてしっかりと見届けることができます。

他にも、宝塚大劇場や東京宝塚劇場では上演中の飲食を控えるようアナウンスされますが、ライブビューイング会場は映画館ですのでポップコーンを片手に鑑賞できちゃうところも嬉しいポイントですね。

スポンサーリンク

ライブビューイングのデメリット

自分と同じ空間に憧れのスターが存在している!という喜びや、生の舞台特有の熱気を味わいたいのであれば、やはり劇場内で観劇することがベストです。

基本的に、ライブビューイングでは拍手や手拍子がありません。
劇場ではスターが登場した際に拍手をしたり、ショーにおけるリズミカルなナンバーや最後のパレードで手拍子があります。
“舞台と客席で一体となって盛り上がりたい!”という方にとっては、ライブビューイング会場の雰囲気を物足りなく感じてしまうかもしれません…。

 

また、ライブビューイングでは独自のカメラワークで上映するため、カメラに映っていない部分を観ることができない、というのが欠点の一つです。
例えば、とある場面でソロを歌っているスターをアップにして上映している際に、同じ場面の後ろで踊っている子が映らない!といったことも起こり得ます。(まだ台詞やソロの無い下級生ファンにはよくあるお話です・・・)

劇場では遅刻した場合など上演中に入場する際に案内係の方が席まで誘導してくれますが、ライブビューイングの場合は上映中に入場する際は真っ暗闇の中、自力で席まで辿り着かなくてはなりません。
上映中の途中入場はかなりハードルが高いので、遅刻には要注意…。

 

ライブビューイングチケットの取り方と金額

『チケットぴあ』にて、合計5,140円(税込・手数料込)で購入が可能です。

年々人気が高まっているライブビューイングのチケットを確実に入手するには、まずは先行抽選販売に申し込み→落選してしまったら一般発売にて購入を試みることをオススメします。

 

まとめ

カメラワークにも工夫が凝らされており、各場面におけるスターの魅せどころでアップになったりと、見応え十分のライブビューイング!

全国各地から会場を選べてチケット難な千秋楽公演を鑑賞できて、行って損は全くありません!むしろお得!

映画館特有の迫力も新鮮で、食わず嫌いをせず一度は体験してもらいたい新しい観劇スタイル…ぜひお試しください!

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宝塚コラム
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント