【これで安心】初心者のための宝塚歌劇 >

藤井大介先生って?演出の特徴・宝塚歌劇の代表作を解説|エキサイティングなショーは必見!

演出家
スポンサーリンク
ゆーさと
ゆーさと

エキサイティングなショーは必見

ショー作家として不動の人気を誇る演出家、藤井大介先生。

エネルギッシュで、舞台と客席が一体となって盛り上がることができる演出で、人気を博しています。
この記事では、大人気ショー作家である藤井大介先生演出の特徴や代表作について解説します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤井大介先生の歴史

藤井大介先生の歴史を追ってみると、まさに「宝塚歌劇団の演出家になるべくしてなった人」という印象が強くなります。

根っからのヅカファン!宝塚歌劇が大好きな少年時代

物心つかない頃から、祖母に連れられて宝塚を観劇していたという藤井大介先生。
少年時代は毎公演必ず観劇していた程、宝塚歌劇にのめり込んでいたそうです。(女性に生まれていたのであれば、タカラジェンヌになって大階段で羽根を背負うことが夢だったのだとか!)

生粋のヅカファンである藤井大介少年。
観劇を重ねてはショーのアイディアをノートに取りまとめており、子供の頃から発想力豊かで観察眼があり、演出家としての才能の片鱗がありました。

大劇場デビューがトップスターのサヨナラ公演!人気ショー作家として駆け上がった2000年代

熱狂的なヅカファンだった少年時代を経て、日本大学芸術学部演劇学科に進学した藤井大介先生。

大学卒業後、1991年4月に演出助手として宝塚歌劇団に入団します。
6年間の演出助手期間を経て、1997年にバウホール公演『Non-STOP!!』で演出家デビューを果たします。

そして、2000年に宙組のショー『GLORIOUS!!―栄光の瞬間―』で大劇場演出家デビューを果たします。
当時の宙組トップスター、姿月あさとのサヨナラ公演として上演された、『GLORIOUS!!―栄光の瞬間―』。
大劇場デビュー作品が人気トップスターのサヨナラ公演でさぞプレッシャーも大きかったことでしょうが、期待を上回る演出で高い評価を得ました。
大階段で黒燕尾姿の姿月あさとが一人アカペラで歌い上げる感動的な演出は、抜群の歌唱力が持ち味の姿月あさとの魅力を活かした名場面です。

2002年には当時の花組トップスター、匠ひびきのサヨナラ公演『Cocktail-カクテル-』でレビュー作品の演出を手がけます。
“男役の宝庫”、“ダンスの花組”と称される花組の魅力がたっぷりと詰まったレビューで、長渕剛の名曲『乾杯』を使用した大階段での男役黒燕尾の群舞は、これぞ花組!!といった名場面に。
この場面は、ダンスの名手である元花組トップスター、安寿ミラが振り付けを担当。
男役の美学が詰まった名場面で、好評を博しました。
この男役群舞の名場面は、2017年に明日海りお主演で上演したレビュー『Santé!! 〜最高級ワインをあなたに〜』のダンスナンバーでも取り入れられました。

大劇場デビュー以降、トップスターのサヨナラ公演の演出を手がけ、毎作期待を上回る演出で名声を上げてきた藤井大介先生。
新トップコンビのお披露目公演を手がける機会も多く、2003年にはダンサーコンビとして名高い元雪組トップコンビ、朝海ひかると舞風りらのお披露目ショーを手がけ、トップコンビのダンス力を活かした演出で好評を博しました。

2007年には元宙組トップコンビ、大和悠河と陽月華のお披露目ショー『宙 FANTASISTA!』を演出。
現代的で見目麗しいヴィジュアルの2人にぴったりな、キラキラと華やかな演出で新トップコンビの門出に華を添えました。

2000年代は、他にも星組ショー『ソウル・オブ・シバ!!―夢のシューズを履いた舞神―』や月組初演で大ヒットしたラテンショー『Apasionado!!』、実力派トップコンビ、安蘭けいと遠野あすかの感動的なサヨナラ公演『ア ビヤント』や花組の傑作ショー『EXCITER!!』など、大劇場デビューから10年経たずして数々の名作ショーを手がけてきました。

どれもショータイトルを聞くだけで名場面が頭に過ぎるくらい、ファンの間では名作として認識されています。

100周年記念ショーや海外公演の演出も!大人気ショー作家としてタカラヅカを牽引した2010年代

2010年代も新作ショーを次々と生み出し、大好評を博してきた藤井大介先生。
トップスターそれぞれの持ち味に焦点を当て、より深く掘り下げた当て書きの演出に磨きがかかります。

大人の色香が薫る男役、元宙組トップスター大空祐飛の魅力に迫った『NICE GUY!! -その男、Yによる法則-』

高いダンススキルを誇る情熱的な男役、蘭寿とむに相応しい花組のラテンショー『CONGA!!』

・花組トップスターとして円熟期に入った明日海りおと大人の新トップ娘役、仙名彩世のコンビお披露目となった『Santé!! 〜最高級ワインをあなたに〜』

・雪組トップスター望海風斗の伸びやかな歌唱と端正な顔立ちを活かし、美しい猫をイメージとしたラテンショー『Gato Bonito!! 〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜

…など、トップスターそれぞれの魅力を最大限に活かす演出手法が光ります。

また、2010年代は台湾公演作品『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』や、宝塚歌劇団創立100周年を祝したショー『TAKARAZUKA 花詩集100!!』など、注目度が高く、比重の大きな公演の演出を手がけ、いずれも大好評を博しています。

他にも、元花組トップスター、真飛聖のサヨナラ公演となった夢のようなレビュー『Le Paradis!!-聖なる時間-』、藤井大介先生の演出と相性抜群だった星組のゴールデンコンビ、柚希礼音と夢咲ねねのサヨナラ公演『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き-』や、美貌の元宙組トップスター、凰稀かなめを不死鳥に見立てたサヨナラ公演『PHOENIX宝塚!! -蘇る愛-』、華やかでポップな魅力の元月組トップスター、龍真咲の個性を活かしたサヨナラ公演『Forever LOVE!!』など、数々の人気トップスターの最後の舞台を手がけてきました。

スポンサーリンク

藤井大介先生演出の特徴

藤井大介先生演出の最大の特徴は、なんといってもノリの良さ!!これに尽きます。

作品全体に無駄がなく、名場面から名場面へとスピーディーに展開していくため、藤井大介先生の作品って中弛みすることがありません。

何度も口ずさみたくなるようなキャッチーメロディーと歌詞が印象的で、舞台と客席が一体となって盛り上がることができます。
主題歌に難解なメロディーや歌詞をあまり使用しないので、観ている側もフレーズを覚えやすいのかもしれませんね。
ノリノリな主題歌で舞い歌うスターたちも楽しくてたまらない!といった様子で、イキイキと舞台に立っています。

他にも、男役スターたちに女役を当てるゴージャスな演出も藤井大介先生ならではです!
『Apasionado!!』では、中詰でトップスターの瀬奈じゅん以外の男役スターたちがラテン美女に扮し、銀橋で歌い踊る演出でファンを驚かせてくれました。

『Santé!! 〜最高級ワインをあなたに〜』では、プロローグで男役スターたちが5大ワインをイメージしたゴージャス美女に扮し、銀橋に勢揃いするという圧巻の演出で話題を呼びました。

男役が演じる女役って、可憐な娘役には出せないゴージャス感やパンチがあって、ショーの中で観ると良い意味で迫力があります。

スポンサーリンク

藤井大介先生演出の代表作

藤井大介先生の作品は総じてクオリティが高く、名作が多いので代表作を選ぶことが難しいのですが、1つ挙げるとするとやはり『EXCITER!!』は挙げられます

花組で、真飛聖主演で初演し絶賛を浴び、真飛聖在団中に異例の再演を果たした『EXCITER!!』
2017年には『EXCITER!!2017』として明日海りお主演の花組で再演を果たし、大成功。
翌年には当時2番手だった花組の柚香光主演で『EXCITER!!2018』として上演。『EXCITER!!』初演時に研1だった柚香光が主演に立つ姿は、花組ファンとしては感慨深いものがあったはずです。

『EXCITER!!』は花組生にとって特別で宝物のようなショーらしく、明日海りおのコンサートやサヨナラショーでも使用され、劇場中大盛り上がりとなりました。
主題歌の「バチッバチッバチッ!ショートする熱視線で〜♪」のフレーズは、一度聴くと頭からはなれない中毒性があります!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、大人気ショー作家の藤井大介先生についてご紹介しました。

舞台と客席で一体となって楽しめる、エンターテインメント性の高いショーづくりが支持されている藤井大介先生。
観劇し終わった後、「楽しかったー!!」と素直に思える演出で、ファンの心を掴み続けています。

次回作は、秋に上演予定の花組大劇場公演『Cool Beast!!』です。ダンサー型のトップスター、柚香光をはじめ“ダンスの花組”の魅力を余すことなく演出してくれることでしょう。

これからの藤井大介先生作品も、期待が高まること間違いなしですね♪

読んでいただきありがとうございました♪
ランキング参加中!
応援のためボタンをポチッとしていただけると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
演出家
フォローする
ヅカログ!-ヅカ男子の宝塚歌劇ブログ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました